合宿免許の食事

合宿免許では食事あり、なしと両方のプランが提供されています。通常は1日3食の食事が含まれているのですが、自炊プランを提供している合宿免許では、食費分が安くなっています。それぞれメリットとデメリットがあるため、事前に比較しておきましょう。

食事ありプランのメリットは、1日3食バランスのよいメニューが出てくることです。合宿免許を利用する若い方で、自炊の経験がない方は食事プランがおすすめです。教習は朝早くから夜まで時間が設定されていることも少なくないため、朝早く起きて朝食を作るのが苦手な方は、食事つきプランを選びましょう。食事ありのデメリットは、食事なしと比べると料金が高くなることです。しかし、自炊する場合でも、食材を購入したり、お弁当を買ったりしなければならず、食費を準備しておく必要はあります。

食事なしのメリットは、食事ありと比べると安いことです。好き嫌いが多い方は、自炊したほうが割安となり、好きなものが食べられてストレスが少ないでしょう。デメリットは、自分で食材やお弁当を調達しなければならないことです。田舎の合宿免許の場合、近くにスーパーやコンビニがあるかはチェックしておく必要があります。施設内に食堂を設けているところもあるため、外食したい方は確認しておきましょう。

合宿免許で食事あり、なしを選ぶかは人それぞれです。なかでも一番気になるのが料金ではないでしょうか。合宿免許での宿泊・食事込みのパック料金について紹介します。


管理人